外付けhddのアレコレ~デジタル社会のマストITEM~

外付けhddの値段

HDD

外付けhddの相場と商品と修理のそれぞれの価格相場を説明しており、データ復旧の相場についても触れています。また外付けhddの価格に関する知識を紹介しており、商品価格やデータ復旧はデータの容量が影響することを強調しています。

Read More

保存容量を増やせる

HDD

パソコンに保存ができるデータの容量を増やしたいと考えたのならば、外付けhddを購入することをお勧めします。外付けタイプは内蔵タイプのhddよりも簡単に接続ができて、大容量のデータを保存ができるようになります。

Read More

より快適に使うため

HDD

1段落目では外付けhddを用いることでコンピュータをより快適に利用する事ができる点と、トラブル時も修理やデータの復旧について強調しています。2段落目は外付けhddの普及の歴史と、誕生から需要の増加までの流れを追っています。

Read More

TVなどにも使える

外付けhddは便利

HDD

以前までは外付けhddと言えばパソコンの保存用としてしか使えなかったですが、現在ではテレビの録画・再生用としても使われるようになりました。 今まではテレビの録画・再生と言えばレコーダーで数万円が当たり前で高価なものでした。 しかし現在の薄型テレビは、ほとんどがレコーダーだけではなくテレビの録画・再生用の外付けhddにも対応しているのです。 接続方法はシンプルで対応しているテレビのウラ面にUSB端子があり、そこにUSBケーブルを挿し外付けhddとつなげるだけです。 あとはテレビの画面を見て設定するだけでお気に入りの番組などを録画もでき再生も出来ます。 レコーダーにはDVDやBDの再生など出来ますがhddの録画・再生に関してはレコーダーと遜色ないと言えます。

経済的

外付けhddの一番のメリットはレコーダーと比べて安価な価格で録画・再生機能を手に入れることが出来る点です。 安価な価格ではありますが外付けhddには録画できる容量や据置型・ポータブル型やメーカーによって違いが出てきます。 比較サイトによると地上デジタルテレビを約125時間録画出来る1TBの容量で平均的な相場は7000円台から16000円台くらいで購入できます。 そこまで録画しない方や見たらすぐに消去する方には約60時間録画できる500GBの容量で5000円台から売られている外付けhddを選ぶのが良いと思います。 基本的に外付けhddはメーカーやタイプによっても価格に多少の違いはありますが容量によって価格に大きな違いが出てきます。